寝床、毛布、完備。

夜行バスではバスの車内で一夜を過ごすので、乗客のためにさまざまなアメニティを用意しているところもあります。そんなアメニティの代表格とも言えるのが毛布です。 毛布の大きさは大別して2種類で、体全体を覆うことのできる大きなものとひざかけタイプのものです。また、素材や毛布の厚さもさまざまです。夜行バスを利用するときは、アメニティとして毛布が用意されているのか、それはどのくらいの大きさで素材や厚さはどうなのか事前に調べておくと、いざバスに乗ったときに寒い思いをしなくてすむので安心です。 毛布が用意されていないバスに乗る場合や、体調がちょっと心配な方、特に冷え性の方はちょっと荷物になりますが自分で上着やひざかけのようなものを用意しておくと良いでしょう。特に冬場はいくら車内に暖房が効いているとはいえ思っていたより寒いかもしれませんし、特に窓側は冷気が入ってきやすいのでより寒く感じます。 バスの中で寝たら寒くて体調が悪くなり旅行を楽しむことができなかった、なんてことにならないように多少荷物が増えても寒さ対策はしっかりとしておくことをオススメします。毛布が用意されているバスに乗る場合でも、念のため上着などを用意しておくとより安心です。